除湿と加湿 快適に過ごすためのエコ家電

エコ家電と呼べるファンヒーターは限られていると言えるでしょう。もちろん、ガスファンヒーターも電気を使います。

除湿と加湿 快適に過ごすためのエコ家電

ファンヒーターの中にはエコ家電と呼べるモノも有ります。

石油やセラミック、ハロゲン、ガスなど、熱源はかなり多いと言えます。その中でどれを選ぶかが大きな問題です。また使用する空間の大きさによっても使用でいるかどうかが決まってしまうのでその当たりも考慮に入れておかないと行けません。広い場所なら、ガスや石油ファンヒーターが最適ですし、狭い場所ではセラミックなどになってしまうはずです。電気代もそれぞれ異なります。エコ家電を謳うようになってから、強弱のスイッチに混じって、エコスイッチが装着されているモノが増えています。エコスイッチを入れる事で、電気代が低くなるのです。また、その場の人ずん等を確認し、温度をコントロールするような機能のあるモノも有ります。

いずれにしても、電力を抑えることで、電気代はすくなうなります。セラミックやハロゲンなどは、直接熱量と電気代は関係しますが、石油やガスは、温度を上昇させる為に、設定温度を上げることで電力は多くなってしまいます。ガスは比較的に点火時以外は、ファンの電力だけになるので、電気代だけを考えると、低いと言えるかも知れません。しかし、ガス代が借るのは当然なので、その当たりも計算に入れておかなければ成りません石油ファンヒーターも、灯油代が必要になります。電気代だけで考セラミックやハロゲンヒーターだと言えます。ただし、エコ家電と謳っていないモノは選ぶのが難しいと言えます。また、エコ家電と謳っていても従来型よりエコだと言う事もあるので、他と良く比較する必要があると思います。