除湿と加湿 快適に過ごすためのエコ家電

エコ家電であってもファンヒーターは暖房効果が早い分他よりも消費電力が大きくなりますから色んな工夫をしましょう。

除湿と加湿 快適に過ごすためのエコ家電

エコ家電のファンヒーターの使い方

いくらエコ家電で最新型のファンヒーターだと自慢しても、最近のキッチンやダイニング、リビングが一続きになっているような広い部屋で、しかも、吹き抜けがあるというのも珍しくもない状況で、ひとりで暖房にあたるとなると、部屋全体を温めるのが馬鹿らしくなります。できるだけワット数を小さくして温まる使い方をしたいものですが、温かさを感じる使い方にはファンヒーターも場所や状況により使い方を工夫する必要があるのです。最新のエアコンは人センサーがありますし、ファンヒーターは、温風を下に出す工夫もありますので、両者を併用したり、冷気が入りやすい窓際にファンヒーターを持って行くなどの工夫をすることで、茎抜け荷暖気が逃げてしまわないようにする工夫をすることが必要になります。ファンヒーターもエコ運転をしてくれる賢さがあるのですが、大きすぎる部屋では、いつまでも温まりませんから、大きな電気を食ってしまうことになります。エアコンとのコラボで上手に使ったり、一人の時は、小部屋に移動するなど、えこを意識した行動をしましょう。

暖房は、エコ家電を単に使うということではなく、効率の良い暖房を心がけることにあります。それぞれのエコ家電の特色と使い方のこつ一つで、電気代をいくらでも下げる使い方ができます。ファンヒーターもその良い面の特色を大いに活かした使い方をして、短所になる所を他のエコ家電で補い、コラボしながら使うことをいつも心がけると良いのです。